テレセをするなら雰囲気作りは忘れないようにしましょう

電話で疑似セックスをすることをテレセと呼びます。
これはテレフォンセックスの略称です。
このテレセですが相手の顔を見られない状態で行うので、本物のセックスに比べて興奮できないのではと思っている方も多いようです。
そんなことはありません。
テレセは十分に本物のセックスに負けないくらい興奮できる遊びなのです。
ただし、遊び方を間違ってしまってはせっかくのテレセ遊びも台無しになってしまうこともあるので注意が必要になります。
例えば雰囲気作りです。
本物のセックスの際にも同様のことが言えますが、男女でエッチなことをする際には雰囲気作りは絶対に欠かせないのです。
当然テレセにおいてもそうなのです。
なので相手の女の子とこれからテレセを行おうとする際には話し方にも工夫をしないといけなくなります。
工夫と言っても声をセクシーに変えて話すということではなく、少しテンションを低めにしながら話すような感じです。
これからテレセをするというのにめちゃくちゃ明るい声で話されてしまっては相手の女の子だって、気分も乗らずに理想的なテレセができなくなってしまうのです。
なので、少し抑え目にした感じで声を出すと、これからエッチなことをするんだという雰囲気作りができるのです。
女の子は意外と男性の声に色気を感じることもあり、すごくエッチな女の子になると男性の声が子宮に響くと言っている子もいるくらいです。
それぐらい男性の声は重要になってくるので、雰囲気作りは欠かさないよう努力してほしいです。

コメントは受け付けていません。